スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界一短いプレゼン - 笑顔 

smile_by_bethel1113 modified 2



映画「ハンサム・スーツ」。

ドランクドラゴン、塚地が演じる、もてない独身、琢郎。
母親が残した庶民的な定食屋を営む。
料理の腕前も、人柄も完ぺき。 定食屋も繁盛。
なのに、女性には、まったくモテない。

ある日、琢郎の定食屋に、北川景子演じる寛子ちゃんが、アルバイトで働き始める。
そんな寛子ちゃんの笑顔に、琢郎はめろめろ。




笑顔は、一瞬で人の心の中に、強いインパクトを与えます。

そんな笑顔を歌う名曲、「スマイル」。

映画「モダンタイムス」(1936年)の劇中歌。
主演した喜劇王チャーリー・チャップリンが、自ら作曲。
実は、チャップリンは、自分が出演した映画の曲は、自分で作っていたそうです。
「スマイル」はやさしく、ささやきます。 "どんな時でも、笑って乗り越えよう。" 




セリフがなくとも、笑顔だけで、いろいろな表現ができるのですね。
プレゼンでも、笑顔は大活躍。
笑顔が伝える3つの魔法、一瞬でプレゼンに、かけてみましょう。

自信が伝わる。
笑顔は、自分の自信を表わす最高の手段です。
自信がある人の話は、説得力があります。
自身のある人の聞を聞くと、安心できて心地いいですね。

自分の言いたいことがより伝わる。
笑顔になると、口角(口の両脇)が広がります。
すると、口がよく動くようになり、滑舌(かつぜつ)がよくなります。
しゃべりが軽くなります。

相手を受け入れていることが伝わる。
笑顔の人とは、自然と打ち解けやすくなりますね。
笑顔のおかげで、お互いを認め合うからです。
相手を認めると、相手の話を信用できるようになります。

笑顔は、世界で一番短いプレゼンです。
一瞬で終わってしまいますが、効果絶大。
ばつぐんの笑顔になるために、
朝起きたら、鏡を見ながら、笑顔のトレーニングしましょう。
抜群な笑顔で、聞き手の心をつかみましょう。


この「スマイル」を歌っているのは、先日急逝した、マイケル・ジャクソン。
マイケルが、小さいときから好きだった曲だそうです。
心より、ご冥福をお祈りいたします。


[2009/07/23 23:47] 好感度アップ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://prekami.blog24.fc2.com/tb.php/63-eb2bc079


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。