スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アップルに学ぶ - わかりやすいスライド 

WWDC (Worldwide Developers Conference) は、
毎年カリフォルニアにおいて開催される、Apple主催のソフトウェアやゲームの開発者向けイベント。

スティーブ・ジョブスが、MacBook Air, iPod, iPhoneなど、アップルのヒット商品を
華々しく発表したステージです。

今年も、先週WWDCが、開催されました。
残念ながら、スティーブ・ジョブスは、現在病気治療のため、今年のWWDCには不参加。
それでも、今年のWWDCも、新商品の発表が目白押し。 とても盛り上がったようです。
2時間の基調講演、最初の10分間の様子です。





WWDCのプレゼンから、特に目を引いたスライド3つ、紹介します。


伝えたいことを絞る

プレゼンで使うグラフに、データを詰め込みすぎていませんか?
机の下にある、ねじれた電気コードのように、
たくさんのデータのラインが、複雑に絡み合っていませんか?

話したいポイントを、漆をぬるように、ひとつ、ひとつ分けて説明してみましょう。
増えたのか、減ったのか、好転したのか、悪化したのか、理由をつけて簡潔に話しましょう。

WWDC1_20090619223719.jpg


空白を生かす

スライドいっぱいに、データや文章を書いていませんか。
大胆に、空白を作ると、説得力のあるスライドになります。
詰め込みたい気持ちを、グッと我慢して、隙間を作りましょう。

WWDC2.jpg


一瞬で表現する

ビジュアルの良さは、一瞬でメッセージが伝わることです。
MacBookAirの「ちょうどいい薄さ、ちょうどいい軽さ」、よく伝わりますね。

just as thin just as light


WWDCは、プレゼンのヒントが山盛り。
ぜひ、チェックしてみてください。

スティーブ・ジョブスは、来月から復帰予定とのことです。
ちなみに、スティーブ・ジョブスはWWDCの準備は、徹底的にするそうです。
スライドやデモの準備に2週間、リハーサルは丸2日行います。 さすが!
来年のWWDCは、スティーブ・ジョブスのプレゼンが、また観れそうですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
[2009/06/22 20:00] ビジュアル | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://prekami.blog24.fc2.com/tb.php/59-4033ffc3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。