スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オバマ次期大統領に学ぶ - 聴衆を巻き込む 

やっぱり オバマは強かった!

アメリカ次期大統領選は、
オバマ氏の圧勝と全米に歴史的感動を巻き起こした勝利演説で幕を下ろしました。

11月4日夜、地元イリノイ州シカゴ市内の公園グラントパークで歴史的な勝利を宣言。 
そのスピーチのビデオを貼っています。
ちなみに、聴衆から拍手喝采で迎えられ、オバマ氏登場からスピーチが始まるまで2分もかかります。


オバマ氏勝利演説の日本語訳は「小飼 弾氏」ブログを参照ください。


オバマ氏の演説がこれほど感動を呼ぶのはなぜでしょうか。

オバマ氏は聴衆を巻き込みます。 
オバマ氏が演説していると、いつの間にか、私たちのことをオバマ氏に代弁してもらっている気になります。 
私はもちろん日本人ですが、そんな私もオバマ氏の演説を聴いていると一アメリカ国民気分(笑)。 

オバマ氏の勝利演説の言い出しの中で、
「わたし(の), I(my)」、「あなた(の), you(your)」、「私たち(の), we(our)」で始まる文に注目すると、
実に4分の3以上の文で、「私たち(の)」または「あなた(の)」と話始めています。 
それに対し、「わたし(の)」と自分のことから始めたのは4分の1以下。

Obama at 50

オバマ氏は「私たち」や「あなた」を多用して、聴衆目線の話を多くしました。 
聴衆に共感を持たせるには効果テキメン!
やはり "YES I CAN"ではなく、"YES WE CAN"ですね。

私たちのプレゼンでも、「私たち」や「あなた」を効果的に使い、聴衆を巻き込みましょう。
「私たちの共通のゴールは ... です。」 とか 「あなたは ... に満足してますか?」 
と語りかけてみてはどうでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ


[2008/11/09 17:18] 神様たち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://prekami.blog24.fc2.com/tb.php/2-c9d2c54a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。