スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

全国学校音楽コンクールに学ぶ - テーマに不正解はない 

22138 @ 50


毎年秋に開催される、NHK全国学校音楽コンクール。
小学生から高校生までが、合唱に情熱をそそぎます。

最近の課題曲は、ポップスの曲。
人気の歌手たちが、生徒たちのために歌を提供。
最近の中学生の課題曲、3つ、紹介します。

アンジェラ・アキ 「手紙 ~ 拝啓 十五の君へ~」 (2008年課題曲)
15才の自分に書いた手紙。
傷つき、何かに負けそうな自分に、「自分の声を信じ歩けばいい」と、
背中を押してくれます。




いきものがかり 「YELL」 (2009年課題曲)
いづれは、おとずれる卒業。 そして、友達と「さよなら」をするときが来る。
しかし、「さよなら」は、次の夢へ挑む自分への、友達からの応援(エール)。
友達からのエールを胸に、自分の夢に向かって行こう。




森山直太朗 「虹」 (2006年課題曲)

空、波、坂道、風、ブランコ、光、そして虹。
多感な中学生の気持ちを、様々な景色に重ねて表現。
雨上がりに突然現れた虹が、目に浮かびます。




中学生のための曲でも、テーマは、さまざま。
プレゼンでも、いろいろなテーマが見つけらまれす。
いろんな角度から、
話す内容を眺めてみましょう。

きっと、たくさんのテーマ、表現、切り口があるはずです。

来年の中学生課題曲は、大塚愛さんの曲です。
どんな合唱になるか、楽しみですね。



スポンサーサイト

[2009/11/14 15:00] 構成 | TB(0) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。